· 

なぜ、私は旅行をするのか。楽しいだけじゃない!旅行をする本当の目的は?

なぜ、私は旅行をするのか。楽しいだけじゃない!旅行をする本当の目的は?

私の Instagram やこの Holopono の Aboutページを見てくれた人は、もうご存知かもしれないですが私は旅行が大好きです。

 

Instagram では、95% 旅行の投稿をしているので、Instagram でのみ私のことを知っている人だと、毎日遊んでいる人に見えるかもしれないですね(笑)

 

学生の頃は月に3カ国海外旅行に行くこともあったほど、どちらかと言うとアクティブな方だったと思います。

 

学生でお金に余裕があるわけではなかったので、トランジットが無駄に長くてもできるだけ安くで購入できる航空券を選んだり、宿はホテルよりも価格を抑えられ、且つ現地の人と交流ができる Airbnb を利用するなど、工夫をして旅行をしてました。

 

 

「なぜ、旅行をするのか」

 

 

この質問には、「旅行が好きだから」と答えてしまうと、それ以上なんとも言いようがありませんよね。

 

私なりに「なぜ、旅行をするのか」について考えてみました。

 

 

旅行をする理由① 沖縄に住んでいたため、飛行機の存在が身近な存在だった

私は、沖縄で生まれ育ち、大学生の頃まで沖縄で生活していました。沖縄はご存知の通り島国なので、国内旅行でも海外旅行でも飛行機に乗る必要があります。

そして、九州や東京への飛行時間よりも、台湾などの海外への飛行時間の方が短く航空券もお手軽な価格だったりします。

また、5年前はちょうど LCC が流行りだしたときだったので、LCC を使って旅行に出かける友人も多かったように思います。

振り返って考えて見ると  新幹線や車で他県に遊びに行くことができない沖縄だからこそ、飛行機が交通手段という意味で身近だったため、旅行に対しても抵抗がなかったのではないかと思います。

旅行をする理由② "百聞は一見にしかず"と言う好奇心

私は、一つのことに熱中するタイプではなく、そこが私の短所でもあり長所でもあると思っています。

 

その代わりに、「なぜ、こうなんだろう」や「〇〇だと言われているけど本当にそうなのかな」などのように好奇心はある方だったので、 旅行をすることは、知的好奇心を満たすために実際に確認をしに行っていたに近いかもしれません。 

 

旅行に行くと、その国のことについてアンテナを張るようになります。

 

私は今までヨーロッパへ訪れたことがなく、今年の GW に初めてヨーロッパ旅行をしたのですが、旅行前はもちろん、旅行後も訪れた国やその周辺の国の政治や歴史に興味を持つようになりました

 

今回、初めてパリを訪れたのですが、パリでは日常的にデモが行われています。

 

お恥ずかしいことながら、私は旅行を決めるまでパリ市内でのデモについて問題視しておらず(さすがに 2018年の黄色いベストのデモの件はニュースで報道されていたので知っていましたが)、調べれば調べるほど行くのを躊躇うほど恐怖感も覚えました。

 

日本人はよく平和ボケだと言われますが、本当にその通りで、特に海外旅行などでの無知は、時として命に関わる場合があります。

 

凱旋門の近くで警察と衝突した、抗議デモ「黄色いベスト」の参加者たち(パリ、2018年12月1日)

Business Insider さんから画像お借りしています。

結果として、何事もなくパリ旅行を終えることができたのですが、この旅行をきっかけに


「なぜデモが毎週土日という高頻度で行われているのか」


「パリの国民は何を訴えているのか」


などについて関心を抱くようになりました。

 

その小さな疑問から、知らない国のことを知ることができ、今までは目に止まらなかったヨーロッパ国内でのニュースに関しても敏感になりました。

  

旅行で知るきっかけを掴んだことによって、今まで気づけていなかったことに対してのアンテナが張れ、キャッチできる情報の幅が広がりました。

 

私にとって旅行とは、知的好奇心を満たす手段であり、自然と情報の引き出しを増やしてくれます。


知っている情報が増えると、今後何かをする際の判断材料が増えるので、結果として旅行をすることは、自分の人生を上手くコントロールすることができると思っています。


旅行をする理由③ 心の奥底で求めているものを知るため

普段の生活を続けていると、小さな変化に気付きにくくなります。

 

特に、自分が今本当にしたいこと、食べたいもの、時間の過ごし方など。自分の深層心理に気づいてあげるという意味でも、旅行はわたしにとって必要な時間です。

 

そのため、その時の心の状態によって旅行での過ごし方が毎回異なってきます。

 

食事する時間や睡眠時間を削ったとしても、どうしても行きたい場所があり、結果としてハードな旅になるのであれば、その時は「新しいことをたくさん吸収したい」「インスピレーションを得たい」と前のめりな心の状態だったりと、比較的健康だとわかります。

 

反対に、行きたいポイントをじっくり滞在するときや、じっくりと時間をかけて食事を取りたい時や現地の人との会話を楽しみたいと思ったりする時は、現実で忙しなく過ごしているため、1日の過ごす時間のスピードを落として、心を整えたい時です。

 

こうゆう時は、自分の心のままに任せてしまいます。

 

旅行は普段の生活とは切り離して、自分と向き合い、労わることができる良い時間なので、その時間では自分のことを1番に考えてあげます。

 

もちろん、一人旅だけではないので一緒に旅行に行く人も、わたしと同じようなペースを持った人と行くと、心地よい時間が過ごせるので好きです。

 

旅行は、自分の心や身体の状態を知るためのバロメーターであって、その時に足りないもの(たとえば、自分と向き合うこと、友人や家族と会話をすること、ゆっくりと食事を味わうことなど)を補う時間です。

 

マッサージやエステで自分の身体やお肌の状態を知り、改善するのと同じですね。旅行で心と身体の状態を知り、リカバーします。

 

そういう意味で旅行は、わたしにとってご褒美でもあり、健全に生きていくための時間とも言えますね。

さいごに

旅行に行きたい! と思った時に、なんで旅行したいんだろうと疑問を持ってみると、自分が本当に望んでいることは何かに気付くことができますよ^^

 

今は、SNS や YouTube などのツールがあるため簡単に旅行の模擬体験が可能です。私も旅行前には、YouTube で行きたい場所の事前リサーチをしますが、写真よりも Vlog だと特に実際の雰囲気がわかるので、もし旅行に行く時間はあまり確保できないけれど、いろんな国のことを知りたいと言う方には、YouTube などで Vlog を観ることをおすすめします!

 

残念ながら(?)、私は YouTube チャンネルを持っていないので、お気に入りのユーチューバーを探してみてくださいね。

 

Yurina.